トラック買取のツボ

修復歴とは?修理歴とは違うの?

トラックの状態や経歴の中に『修復歴』と『修理歴』というものがあります。似たような言葉ですが、どのような違いがあるのでしょうか?今回は、修復歴のある車の売却の時に注意するべきポイントについて紹介します。

修復歴って何なの?

そもそも修復歴とはどういったものなのでしょうか?

JAAI 一般財団法人日本自動車査定協会 、一般社団法人自動車公正取引協議会、 一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会といった団体で統一された基準には、「修復歴とは車体の骨格(フレーム)部を交換または修復(修正・補修)したことを指す」とされています。車体の骨格(フレーム)部分については、具体的に指定があります。

・フレーム(サイドメンバー)
・フロントクロスメンバー
・ピラー
・ダッシュパネル
・ルーフパネル
・ルームフロアパネル
・トランクフロアパネル
・ラジエータコアサポート

上記の部分に交換や修正などを行っていると「修復歴」が加えられます。逆に、交換や修正を行っている場所が上記の指定された場所以外の場合は「修理歴」が加えられるということです。修復歴に該当する、指定された箇所はいずれも車輌の性能や安全性に影響を大きく与える部分のため、重要性が高く修理歴とは区別されているのです。

買取の査定にどう影響するの?

買取査定額への影響で考えれば、修復歴の有無が重要になります。

修復歴があると、査定額が大幅に減額されてしまう可能性があります。逆に修理歴の場合はそこまで大きな影響を与えません。事故以外の故障に関しても同様のことが言え、上記9か所以外の故障であれば査定への影響が出ることは殆どありません
これは、買取業者がトラックを買い取った後にどうやって利益を上げているのか、ということが大きく関係しています。

【買取=仕入れ】その後は販売されるのが一般的

買取業者は買取を行った後、主に買い取ったトラックをオークションや中古車販売として売却することによって利益を上げているのです。そのため買取後に売却できるように改めて整備や清掃を行ったり、車両1台全てが売却できる状態でない場合はパーツ単位での売却のために分解をしたりするのです。

したがって、重要なパーツが交換してあったり修正を行っていたりすると、買取後に必要な整備の費用が増えてしまったり、トラックを車両1台単位での売却が難しくなってしまう可能性があるため、買取業者の利益が大きく減ることにつながります。
それに比べると「修理歴」に該当する箇所は比較的売却までのコストが安価になりやすい、という傾向があります。

さらに、これはイメージの問題でもありますが「一度フレームに損傷を受けたことがある車輌」は購入する側にとってはあまり手に入れたい物ではありません。

そのため、修復歴のある車輌は買取業者も買取後にあまり高額で販売することができず、入手のための買取の価格も高額になり辛いのです。修理歴の場合は通常運転するためにそこまで大きな影響が無いためか、販売額も大きく下がることはあまりないようです。
結果「修復歴」と「修理歴」では修復歴の方が大きい金額で買取査定額に計算(減額)される、ということになるのです。

要注意!「事故歴」って言われたけど…?

査定時によく出てくる言葉としてもう1つ「事故歴」という言葉が存在します。

この言葉は「修復歴と同じ意味」に使われることが多いのですが、まったく別の言葉です。事故を起こしたことがあっても「修復歴」に該当しない箇所の交換や修正であれば、当然「修理歴」で査定の計算をすることになります。査定に「事故歴」という言葉は無関係なのです

しかし世の中には「『事故歴の確認』という聞き方をして、修復歴があるように聞き取りをすることで、査定時に本来修理歴で計算するところを修復歴で計算されて大きく減額をされてしまった」というトラブルが発生したこともあります。
そういったトラブルを回避できるようにするためにも、これまでに事故歴がある車輌の売却の際には、事故で交換や修繕などの手を加えた部分がどこかを把握しておき、修理歴に加わるはずのものが修復歴に加えられてしまい大きく減額されてしまった、ということの無いように注意しましょう。

修復歴のある車輌は高額売却できないの?

さて、ここまで修復歴と修理歴の違いをご紹介しましたが、修復歴のある車輛は高額で売却することは無理なのかというと、そんなことはありません。実は海外に目を向けると、トラックの査定額が比較的高額になる場合があります
また、トラックは買取業者ごとに買取後の用途や販売先が異なる車両です。そのためある程度相場が決まっている一般の乗用車とは違い、買取業者の用途や目的に応じて修復歴の有無で減額になるかどうか、という点について各業者ごとに対応が異なります。そのため、修復歴のあるトラックであっても複数の買取業者に状態を包み隠さず伝え、査定に影響があるか相談してみることが重要です。

減額になる・ならないはもちろんのこと、その車両の売却までのメンテナンス方法など、査定に影響がある情報などを聞いてみて、最も良い金額や対応をしてくれる買取業者を見つけましょう。そして売却の時は一番理想的な条件でトラックを手放せるようにしましょう。

トラック買取査定代行サービスへのお申込みはこちら!0120-946-652[受付時間]10:00~18:00(土日・祝祭日を除く)トラック買取査定代行サービスを申し込むお電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

関連記事

  1. トラックドライバー必見!「睡眠不足時の乗務」が法律で禁止に
  2. ポールトレーラーってどんな車?売れるの?
  3. 6段クレーンを高額売却!実現につながる2つのポイントをご紹介
  4. ミニ?通常?油圧ショベルの違いって何だろう
  5. トラック運送業界の「いま」と「これから」
  6. 「アルミバン」って何?売れるんだろうか?
  7. 「違う名前」の「同じ自動車」?トラックや重機の呼び方まとめ
  8. 車両運搬車とは?

人気の記事

おすすめ記事

3トントラックの買取査定依頼時のポイント! 「クレーン付きトラック」売りたい!車両の特徴と売却のポイントをご紹介! 8トントラックについて。運行のルールと中古車両の売却のポイント

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

トラックのミカタTV

トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」
提携パートナー募集|トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

PAGE TOP
22