買取のツボ

広島ってトラック売れるの?広島でトラックを売るには…

広島県は中国地方最大の都市で、中四国地方のなかで最も車両の保有台数が多い県です。そして車両台数に比例して、貨物車や特殊車両、つまりトラックや重機の保有数も中四国では最も多い県です。

今回は、そんな広島県のトラック業界の動きと、中古トラックの需要をもとに中古トラックの買取トレンドについてご紹介していきます。

広島県のトラック業界事情

広島県は山陽、山陰、四国は松山との繋がりもあるため、中四国全体の交通の要衝となっている県です。

縦にも横にも広い県のため長距離運送の需要は高く、四国の行き来も船便以外に「しまなみ海道」による車での運送が可能なため、トラックなどの貨物車両による運搬が非常に盛んです。

また、自動車メーカーであるマツダ株式会社の本拠地であり、マツダ社製の小型~中型トラックである「タイタン」などが県内の市街地を走っている光景をよく目にします。
毎年「トラックまつり」というトラックへの理解を深めるイベントも開催しており、広島県内でのトラックの発展への取り組みも精力的に行われていることがうかがえます。

こういったことから、広島県は、中四国の陸上運送業界を支えている県の1つであることは間違いありません。

広島県でトラックは売れるのか?

広島県ではトラックによる陸上運送が盛んであるとご紹介しました。

では、中古のトラックに目を向けてみるとどうでしょうか?
実は中古トラックの需要も非常に高いのです。

その理由は、中古トラックの値段が新車に比べ非常に安価であり、昔に比べて多少中古であっても安定して運用できるくらいに車体の安定性や燃費が向上してきたことにあります。

面積が縦横に広い県のため、運送効率を上げるためには「燃費が良い」というのが必須条件ですが、近年の中古トラックは昔に比べ非常に燃費が良く、安定して走ります。

したがって、広島県では中古のトラックの需要も高くなるのです。

そして、中古トラックの需要が高くなるごとに高まってくるのがトラックの買取の需要です。
トラックの買取は、主に中古トラックの買取業者が仕入れとして車両を入手するために行われており、その車体を国内、国外に販売することによって利益を上げています。

広島県には瀬戸内海に面した様々な港があり、そこから海外へ輸出することも可能なことから、地域に根付いたトラック買取業者が多く活躍している県です。

実はトラックの買取においては、トラックを海外へ輸出している買取業者の方が、トラックの買取価格が高くなる傾向にある、といわれています。

その理由は、海外の市場では日本製のトラックへの信頼が高く、輸送コストを考えてもなお高額で販売することができることにあります。
販売の時に高額で売ることが出来るので、仕入れである買取の際も高額で購入することができるというわけです。

そして、広島県では瀬戸内海を通じて海外へ輸出できるルートを持っている地元企業が多くいます。

つまり、地域に根付いた中古トラックの買取業者が多く活躍している、ということなのです。

優良業者を探し出そう

さて、広島県では地元密着の優良な買取業者が多くいるとお伝えしましたが、「優良な買取業者」かどうかを見極めるポイントが分からないと、探すのも一苦労だと思います。

ここからは、県内で優良な買取業者を見つけ出すために知っておきたいポイントをご紹介しましょう。
※あくまで優良な買取業者である分かりやすいポイントとしてご紹介しております。これらの要素がないからといって優良な買取業者ではない、ということではありません。

まずは、先ほどもお伝えしましたが海外に販売ルートが存在すること。

この理由は前述の通り、海外ではトラックが高額で販売できるため、高額での買取が可能であるということ。そして海外に販路を持つには輸出のための船の準備や海外の事業拠点など、ある程度安定した規模を持って事業を行っているところが多く、安心して買取査定の依頼を出しやすい、ということです。

もう1つは、トラックの買取専門の業者であるか、専門の部門があることです。

中古車の買取業者には大きく分けて2種類の業者が存在します。乗用車をメインで取り扱っているいわゆる「中古車買取業者」と、中古のトラックを専門に買取している「中古トラック買取業者」です。
そこに「どちらも対応している買取業者」も加わるのですが、なぜトラックの買取専門である必要があるのでしょうか。

トラックは一般の乗用車と比べ、整備の施設や整備の人員のハードルが高いのです。
例えば、トラックの整備を行うためには整備士が「一級大型自動車整備士」という国家資格を保有していなければなりませんし、価格の判断もプロの整備士や査定員を保有するトラック買取専門の買取業者に依頼をしておく方が安心して査定の依頼をすることができるのです。

探し方にもコツがあります。
インターネットでホームページを持っている買取業者にとって、お伝えした2つのポイントは絶好のアピールポイントですので、インターネットに記載されている情報を見て、「海外に販路がある」「トラック買取が専門」ということであれば優良業者である可能性が高いです。

もしそれでも不安だ、という場合、直接買取業者に連絡を取り、不安な点、疑問点、聞いておきたいことを全て聞いてみることをおすすめします。

きちんとした買取業者であればそうした質問に対して答えてくれるはずです。

いかがでしたでしょうか。
今回は広島県でトラックを売りたい、と思われている方向けに、広島県内のトラック事情と中古トラックの買取事情をご紹介しました。

売却の際の参考になれば幸いです。

関連記事

  1. いろいろある!ボディサイズの話
  2. 「ワイドボディ」って何?売れるの?
  3. Lゲートダンプを売ろう!
  4. 岡山でトラックを売る時に考えておきたいポイントとは!?
  5. 2トンダンプの買取相場が知りたい!
  6. 土砂禁ダンプを高く売るためには?
  7. 8トントラックについて。運行のルールと中古車両の売却のポイント
  8. 中古大型トラックの購入と売却について

おすすめ記事

いろいろある!ボディサイズの話

標準、ロング、ワイド、とトラックには様々な種類の「ボディサイズ」がありますが、これは具体的にどのよう…

いまさら聞けない!中型トラックって何だろう?

中型トラックって?中型トラックとは、一般的には平成19年の免許区分の改定によって登場した「中型自…

大型ダンプの需要と買取について

大型ダンプは全世界で人気の車両です。 載せることができるものの種類や量が非常に多く、土木、建設か…

「汎用トラッククレーン」って何?

トラッククレーンは移動式クレーンの一種で、トラックのシャシ(足回り)にクレーンを装備したものをいいま…

広島ってトラック売れるの?広島でトラックを売るには…

広島県は中国地方最大の都市で、中四国地方のなかで最も車両の保有台数が多い県です。そして車両台数に比例…

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

トラックのミカタTV

PAGE TOP