トラック買取のツボ

ミニ油圧ショベルを高額売却!押さえておくべきポイントは?

重機の中でもミニ油圧ショベルはさまざまな現場で活躍することができる、汎用性の高い車両の1つです。
移動の際にトラックで運搬することができるため、広範囲の高速移動も簡単です。

現場の広さや作業の地形などを考慮して、さまざまなバリエーションの中から適切なタイプのミニ油圧ショベルを運用する必要があるため、一言でミニ油圧ショベルと言っても意外と車体選びが重要な車両だといえます。

そこで、まずはミニ油圧ショベルそのものについてご紹介します。

ミニ油圧ショベルとは

そもそもミニ油圧ショベルとはどのような車両なのでしょうか。
ミニ油圧ショベルとは、主に削岩や積み込みなどを行う「建設機械」の中で、その名前の通り油圧によってアームが動く油圧ショベルの一種であり、さらに車体の重量が6トン以下、もしくはバケット(ショベルの先端部分)の容量が0.25平方メートル未満の車両のことを指します。

ミニ油圧ショベルのほとんどはキャタピラ車であり、一般の公道を走行することはできないため、現場への移動がある際には原則としてトラックの荷台などに乗せて移動します。
(一部、足回りをホイール式に替え、現場までの自走が可能な機種もあります。)

活躍の場としては、土木建設などの工事現場や農地の水路整備のために行う溝掘り、 鉱山での採掘などがあります。

ミニ油圧ショベルの特長

ミニ油圧ショベルの特徴として、油圧ショベルと同様の旋回性能を持っており、通常の油圧ショベルに比べ一度に運べる量は少なくなるものの、小回りが利いて保管がしやすく、移動の際に乗せるトラックの積載量も少なくて済むため、大掛かりな作業が必要のない現場であるならば通常の油圧ショベルと比べても採用率は同じくらい高い車体だといえます。

また、脚部にブレードやリッパーを取り付けることによって小型のブルドーザーとして活用することもできます。
その汎用性の高さから、運送業界や建築などの業界の他にも個人でガーデニングや農業に活用するケースも存在し、非常に汎用性の高い車両です。

ミニ油圧ショベルは売れるのか

ミニ油圧ショベルは 、新車でも中古車でも需要があまり途切れることがない車両の1つです。
このことから、ミニ油圧ショベルを販売したいという需要があり、中古のミニ油圧ショベルを買い取りたいという買取業者が存在します。

つまり、ミニ油圧ショベルは売れます。

では、実際にはどういったところがミニ油圧ショベルを買い取ってくれるのでしょうか。
基本的には、トラックや重機・建機を専門に取り扱っている買取業者や、農機を専門として買い取っている買取業者がミニ油圧ショベルも買い取っています。

ここからは、ミニ油圧ショベルを売却する際にどのようなポイントに気をつければいいのかご紹介します。

ミニ油圧ショベルの買取業者を選定する

ミニ油圧ショベルはさまざまな買取業者が買い取っていますが、その中で「高額買取につながる買取業者」を選定することが重要です。

上述したように、トラックや重機・建機を専門に取り扱っている買取業者や、農機を専門として買い取っている買取業者がミニ油圧ショベルの買取に対応しています。
しかし、こうした買取業者の査定には共通して注意しておくべきポイントがあります。

実は、ラックや重機・建機を専門に取り扱っている買取業者や、農機具を専門に取り扱っている買取業者の場合、同じ車両の査定をしていても提示される金額に開きが出てしまうことが少なくありません。

商用車や重機の場合、「車両ごとの相場」というものが存在せず、それぞれの買取業者の査定基準によって買取価格が変動することが主な理由です。
このことから、買取業者を選定する際には、1社ではなく複数の買取業者の査定結果を見比べて、 より良い条件で買い取ってくれる買取業者を選び出すことが、高額買取につながるポイントといえます。

ミニ油圧ショベルの売却に役立つサービスを活用する

複数の買取業者の査定結果を受け取る際に便利なサービスがあります。
その1つが「査定代行サービス」です。

査定代行サービスとは、事前に必要事項を入力して代行業者に査定代行を依頼することで、買取業者を探す手間なく、複数の買取業者の概算の査定結果をまとめて受け取ることができるサービスです。

複数の買取業者とのやり取りを、査定代行の業者が行ってくれているため、手軽に車体の概算査定額=相場を知ることができ、買取業者の選別をする際に非常に便利なサービスです。

複数の買取業者に査定依頼を行い、そのまま直接買取業者とのやり取りがしたい場合は、「一括査定」のサービスをお勧めします。
こちらは、必要事項を入力し査定を依頼した後、買取業者と直接交渉を行うことができるサービスなので、買取業者を比較しつつすぐに売却を進めたい場合に便利なサービスです。

これらのサービスを活用することによって、ミニ油圧ショベルの高額売却につながります。 

査定代行サービスと一括査定サービスの違いについてはコチラ…一括査定とは違うの!?「査定代行サービス」とは?

いかがでしたか?
今回はミニ油圧ショベルについて、車体の特徴や買取という視点からご紹介しました。
ミニ油圧ショベルの特徴を知り、最適な条件で買い取ってくれる買取業者を見つけ、理想的な形で手放せるようにしましょう。

関連記事

  1. トラクタ&トレーラーってどんな車?買取の対応は?
  2. 3トントラックの買取査定依頼時のポイント!
  3. 大型トラックが高速道路を走る時のポイント
  4. 故障したトラックの買い替えについて
  5. リアダンプの処分に悩んだときに買取がおすすめな理由とは?
  6. トラック査定のチェックポイント!査定員はどんなところをみている?…
  7. 【高く売る】トラックメンテナンスについて【長く乗る】
  8. ウイング車は売れる?高額買取への道

人気の記事

おすすめ記事

中古10トントラックって売れるの? トラックにかかる税金とその対策について 【高く売る】トラックメンテナンスについて【長く乗る】 広島ってトラック売れるの?広島でトラックを売るには…

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

トラックのミカタTV

トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」
提携パートナー募集|トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

PAGE TOP
1