トラック買取のツボ

トラックの買い替えや売却では、オプションパーツは付けておいた方が良いのか

トラックを運用する上で、目的に合わせてオプションパーツを追加している方は多いかと思います。

例えば「カーナビ」は(ルート配送を除く)長距離運送のような、知らない土地をスムーズに走行するために非常に役立ちます。
「ドライブレコーダー」は業務として運転するうえで万が一のトラブルがあった際、自身や会社の名誉を守るために力になってくれるパーツです。
外装としては、車外の明るさを補助する「電飾」や空気抵抗を減らして走行効率を上げる「エアロパーツ」など、目的に応じてさまざまなオプションパーツが装備されています。

これらのオプションパーツは車両メーカー純正のものもあれば、パーツ用メーカーによるサードパーティー製のものもあり、値段や使いやすさなどで差別化されています。
今回は、「メーカー純正のオプションパーツ」と「サードパーティー製のオプションパーツ」、それぞれの特徴と買取における影響をご紹介していきます。

メーカー純正のオプションパーツの特徴

メーカー純正のオプションパーツの特徴は、メーカーが製造する車体に合わせた機能や形状で設計しているため、車種やシリーズなどにかみ合った機能や形状を持つパーツを使用することができる、ということです。

また純正のオプションパーツの場合、車体のアフターサポートの中にオプションパーツの点検などを行ってくれる場合もあります。同じメーカーの車両を長く乗るのであれば有利だといえるでしょう。

反面、値段の面ではサードパーティー製のものに比べて少々割高で、買い替えの際に別のメーカーや車種の車両にパーツの付け替えをしづらいという点もあります。

買取りにおいては、メーカー純正のパーツである場合は高い評価を得られることが多いです。

サードパーティー製のオプションパーツの特徴

サードパーティー製のオプションパーツは、車体のメーカーを問わず多くの車体に対応できることと、基本的に安価であるという特徴があります。
そのため、例えば車体の買い替えをした際に全く異なるメーカーの車両に変更しても、オプションパーツを引き継いだ状態で使用することができる場合があります。

機能や操作の感覚を変えることなく、使い慣れたオプションパーツのままで次の車両に移行することができるので、メーカーに対してこだわりがなければ使いやすいパーツ群であるといえるでしょう。

逆に、多様な車種に載せられるように設計されるため、車両によっては機能や形状がかみ合わない場合があります。また、買取での評価も低くなる傾向にあります。

どちらのオプションパーツを装備している場合にもいえるのですが、購入時のパーツを付け替えて装備するタイプのオプションパーツの場合は注意が必要です。

基本的にトラックや重機などの買取において、理想とされるのは「購入時の状態」です。
つまり、車両メーカー純正のパーツであってもサードパーティ製のパーツであっても、購入時のパーツを”付け替えて”装備するタイプのパーツの場合、「理想の状態(購入時の状態)」からは離れていってしまいます。

買取業者にもよりますが、トラックの買取でのオプションパーツの評価は、

査定の評価
=「トラックの車体の評価」+「オプションパーツの評価」
「パーツの”付け替え”による変動」

で算出されることが多いです。

一部のエアロパーツのように、単純に増設するタイプであればプラス査定の可能性が高いのですが、カーナビなどの付け替えを行うタイプのオプションパーツは取り付け位置や使用感が合わないといった問題や、バージョンの旧式化などが起こっていると査定結果は芳しくないものとなってしまいます。
さらに、付け替えを行った際の「購入時の元々のパーツ」が残っていない場合は、むしろマイナス査定になってしまうこともあります。

可能なら買取の際には付け替える前の「購入時の元々のパーツ」に戻しておくのが無難ですが、買取業者によってはオプションパーツのままでも問題なく買い取ってもらえる場合があります。
さらに、パーツによっては自身での付け直しが難しい場合もありますので、気になる場合はまず査定依頼をする前に買取業者に相談しておくと良いでしょう。

また、今後「付け替えを行うタイプのパーツ」の購入予定がある方は、付け替える前の元々のパーツを保管しておくことをおすすめします。

オプションパーツ装着車の頂点「デコトラ」について

デコトラとは「デコレーショントラック」の略で、コンテナやエアロパーツなど、外装をデコレーション(飾り付け)したトラックです。
基本的にデコトラは外装用のオプションパーツをふんだんに使用したり、オーダーメイドで塗装をしたりすることで外観を変えているため、「改造車」と呼ばれる分類になります。
この場合、手を加えている範囲や度合いにもよりますが、「トラックの買取業者」では査定額が低くなってしまう可能性があります。

上述したように、トラックの買取業者にとって理想的なトラックの状態とは「購入時の状態」です。
そのため、装飾用オプションパーツをふんだんに使ったり、電飾や塗装を加えたりしているデコトラの場合はマイナス査定の幅が大きくなってしまうのです。

ではどうするのか。ここで登場するのが「デコトラ専門の買取業者」です。実はトラックの中でもデコトラを専門に取り扱っている買取業者が存在します。

デコトラ買取専門の買取業者は通常のトラック専門の買取業者と異なり、オプションパーツを装備した状態で車両評価したり、オプションパーツそのものの評価比重を多めに評価しているため、比較的高額での買取が成立しやすく、デコトラの買取においてはデコトラ専門の買取業者に依頼するのがベストです。

今回はトラックのオプションパーツについてご紹介しました。
車両の買い替えや売却の時には、一緒に売却するのか、付け替えて次の車両に乗せるのか、取り外してパーツ屋さんなどに持って行くのか、しっかり考えたうえで車両を売りましょう。

トラック買取査定代行サービスへのお申込みはこちら!0120-946-652[受付時間]10:00~18:00(土日・祝祭日を除く)トラック買取査定代行サービスを申し込むお電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

関連記事

  1. トラック買取の高額査定術
  2. ローンが残っているトラックは売却できるのか?
  3. トラックのリフトとは?
  4. 汎用トラッククレーン売却のコツ!
  5. 中古クレーン車を高額売却するには
  6. トラックドライバーが行うべき体調管理について
  7. 10トンユニックの特徴と、売却のコツをご紹介
  8. ミニ?通常?油圧ショベルの違いって何だろう

人気の記事

おすすめ記事

「ダンプトラック」のバリエーション特集! トラックドライバーが行うべき体調管理について ウイング車は売れる?高額買取への道

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

トラックのミカタTV

トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」
提携パートナー募集|トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

PAGE TOP
3