トラック買取のツボ

いすゞのトラックを高額売却しよう!

現在日本では、多くの運送会社や土木建設の会社が活躍しています。
その中で運用されているものの1つに「トラック」があります。
トラックのメーカーごとに車体の特徴や用途、バリエーションなどが多少異なっています。
そこで今回は、トラックのメーカーの中で日本国内トップシェアを誇るいすゞのトラックの特徴と、車両の買取における扱いについてご紹介します。

いすゞのトラックの特長

1916年に創業したいすゞ自動車は、現在ディーゼルエンジンとそれを搭載したトラックの製造販売において、国内・海外問わず群を抜いて活躍しています。
特に走行時の、エンジンの騒音や振動など快適性能に関する部分についてはドライバーの評価も非常に高く、小型トラックの「エルフ」に関しては、長年にわたり国内の小型トラックシェア1位を獲得し続けています。

また、いすゞのトラックは新車で購入する場合の値引き幅が大きく、車体の導入のための初期コストを抑えたい方にとって非常に人気のトラックメーカーです。

いすゞのトラックのラインアップ

小型トラック エルフ

「毎日の仕事に役立つ満足を」というコンセプトを掲げて設計された、小型及び中型の車種のトラックです。
小型トラックの中では2001年から17年連続で国内シェアトップを誇っており、運送会社のみならず、土木建築など小型トラックを運用する全ての業界に人気の車両です。
エンジンの回転率が高く、低速域から高速域にかけて全体的に燃費が良いことが特徴です。

中型トラック フォワード

小型トラックの「エルフ」と同様のコンセプトで設計され、共通するパーツやシステムの多い中型トラックです。
このことは整備性の向上にもつながっており、エルフ、フォワード共通で走行時の燃費や整備のためにかかるランニングコストを抑えることに成功しています。

また、中型トラックとして設計されているフォワードは内装の快適性能が高く、トラックドライバーにとってより運用しやすい設計になっています。
燃費性能の高さと合わせ、高速道路を活用して長距離を走行するドライバー向けの車両だといえます。

大型トラック ギガ

2015年にフルモデルチェンジが行われ、安全性能や燃費の性能がさらに向上した大型トラックです。
エンジンの小型化やエアロパーツによる空気抵抗の軽減、さらに外気を利用した冷却など、特に燃費性能に関わるさまざまな工夫がされています。
2015年のフルモデルチェンジで新型となる際に、「5つ星のコンセプト」というものを設定しました。
これは、ギガをモデルチェンジする際に、技術的な5つのコンセプトに対して力を入れることを表明したものです。

・快適な運転性能の実現
・低燃費の追求
・トータルセーフティの追求
・高積載の確保
・情報通信による遠隔モニタリング

また、ギガの新モデルとして「トラクタタイプ」の車両も登場し、更なる大量輸送の選択肢が広がりました。それらのバリエーションも含めて、運送業界内でもトップクラスの技術や充実のオプションなどから、エルフやフォワードをただ大型車両化しただけの車両ではなく、「大型貨物運送用車両の決定版」として活躍しています。

いすゞのトラックの買取

さて、ここまでいすゞのトラックの特徴についてご紹介してきました。
ここからは、いすゞのトラックの買取についてご紹介します。

いすゞのトラックは車種や架装、オプションなどさまざまなバリエーションがあり、購入の際には自由度の高い車体の選択肢を、目的に応じて選ぶことができます。
このことから、単純にいすゞのトラックといっても細かな内容は多種多様であり、購入時の金額も変化します。
売却査定する際にも同じことが言え、車種はもちろんのこと、オプションや架装の状態等などによって提示される査定結果が異なります。

いすゞのトラックの買取で重要なのは「車体の状態」

実は買取の評価で最も大きな比重を占めているのは「車体の状態」だといわれています。
購入時の状態に近ければ近いほど買取査定では高評価で、買取額も高くなる傾向があります。
いすゞのトラックが持つ高い燃費性能を充分に発揮できるように、エンジン周辺や足回りなどの整備をこまめに行っておくことによって、普段の運転時の走行性能を高水準で維持できるうえに、買取査定での評価も高い状態で売却の交渉を行うことができます。
また、上述の通り架装やオプションなど、一言にいすゞのトラックと言ってもさまざまなバリエーションがあり、それら個別の装備を整備しておくことによって、作業効率の向上と買取評価アップを図ることができます。

つまり、普段の運用効率を向上させるメンテナンスをこまめに行っておくことによって、売却の際の査定の結果も高評価になります。

いかがでしたか?
今回は、日本国内の大手トラックメーカーの1つ、いすゞのトラックについてご紹介しました。
優れた燃費性能と、新車での入手が容易なところから、現在でも高い需要を誇っているトラックであり、買取の場合はその水準をいかに維持できるかが高額査定のポイントになります。
手頃に購入し、長く運用して、理想的な売却ができるように運用していきましょう。

トラック買取査定代行サービスへのお申込みはこちら!0120-946-652[受付時間]10:00~18:00(土日・祝祭日を除く)トラック買取査定代行サービスを申し込むお電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

関連記事

  1. ダンプを高額で売るためのたった2つのポイント
  2. バキュームダンパーを売却する最も賢い方法
  3. 中古重機の買取について
  4. トラックにかかる税金とその対策について
  5. トラック売却!その前に準備は出来ていますか?
  6. ワイドロングボディって何?需要や買取は?
  7. 活魚運搬車を売却したい!高額買取のコツも紹介
  8. アスファルトフィニッシャー高額買取成功の秘訣とは?

人気の記事

おすすめ記事

購入か?レンタルか?車両を手に入れたいときの選択肢とおすすめ方法 アスファルトフィニッシャー高額買取成功の秘訣とは? 三転ダンプを売りたい!安心の高額査定実現には2つのコツがあります トラック・重機の買取査定前にやっておきたい!買取額アップの3つのポイント

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

トラックのミカタTV

トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」
提携パートナー募集|トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

PAGE TOP
1