トラック買取のツボ

トラックを買取業者に売却する際に自動車リサイクル券は必要?

自動車を廃車にするときに必要となるのが、自動車リサイクル券です。
小型の車両などを廃車にする際に、自動車リサイクル券を利用して処分したことがある人もいるのではないでしょうか。
今回は、トラックや重機などを買取業者に売却する際に自動車リサイクル券が必要かどうかについてご紹介していきます。

自動車リサイクル法とは

自動車リサイクル券についてご紹介するためには、まず自動車リサイクル法についてご紹介しておきたいと思います。
自動車リサイクル法は、2005年に経済産業省により制定された法律です。

自動車を廃車処分してリサイクルするときに、「自動車の所有者」、「自治体に登録された回収業者などの関連業者」、「車両メーカーなど」の3者が、それぞれ果たさなくてはいけない役割を定めたものです。

自動車リサイクル法における関係者の役割

自動車リサイクル法でそれぞれが果たさなければいけない役割

自動車の所有者は自動車を廃車する場合にはリサイクル料金を支払い、自治体に登録された回収業者に車両の引き渡しを行います。
回収業者や解体業者、破砕業者が、引き渡された車両を解体・分解・破砕を適切に行い、メーカーなどに引き渡します。
そしてメーカーや輸入業者などが、解体・分解・破砕されたものを引き取って、リサイクルの処理を行います。

※ちなみに、自動車リサイクルの料金は、原則として新車購入時に支払いが行われるため、新車で自動車を購入していれば、通常は車両を処分する時に改めて自動車リサイクルの料金を支払う必要はありません。
中古車の場合、車両の前の持ち主が自動車リサイクル券を保有している場合、車両の前の持ち主に対して支払う購入金額にリサイクル料金相当額を上乗せすることによって、自動車リサイクル券を受け取ることが可能になります。

自動車リサイクル法ができた理由

自動車が廃車となる時、鉄などの有用金属がリサイクルされ、プラスチックくずなどの「シュレッダーダスト」と呼ばれるごみが発生します。
発生したシュレッダーダストは、国内の最終処分場に埋め立て処分されているのですが、こうしたごみを処分するための、最終処分場の容量が不足するという事態が起こりました。

これに伴い、自動車を廃車にする際の処分費用が高騰し始めたことや、自動車に搭載されているエアコンの冷媒として使用される、フロン類の処理などを適切に行う必要があることなどから、自動車の適正な処分のための仕組みとしてつくられたのが自動車リサイクル法です。

自動車リサイクル法の対象となる車両、ならない車両

自動車リサイクル法には、その対象になる車両と、対象にならない車両が存在します。

自動車リサイクル法の対象にならない車両には、被けん引車、2輪車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、その他農業機械、林業機械、スノーモービルなどがあります。
これら以外の車両は全て自動車リサイクル法の対象となり、廃車処分する際には正規の手続きを踏んで自動車リサイクル券を入手する必要があります。

商用車の中で言うと、全てのトラックは対象になりますが、重機や建機の中で、大型特殊自動車や小型特殊自動車に該当するブルドーザーやホイールローダーなどは自動車リサイクル法の対象にはなりません。
また、トラクタ&トレーラーは、けん引車であるトラクタヘッド部分は自動車リサイクル法の対象となりますが、被けん引車であるトレーラー部分は自動車リサイクル法の対象外となります。

自動車リサイクル券とは

上述したように、自動車のリサイクル料金は新車購入時に支払われます。
このとき発行されて自動車の持ち主に渡されるのが自動車リサイクル券です。

自動車リサイクル券は、自動車リサイクル法にのっとってリサイクル料金の支払い手続きをしたことの証明書類です。
車検証とともに大切に保管しておくと良いでしょう。

自動車リサイクル券が必要な場合

さて、自動車リサイクル券が必要になる車両がどのようなものかはご紹介しました。
ここからは、自動車リサイクル券が必要になるケースについてご紹介していきたいと思います。

廃車にするケース

自動車リサイクル法の対象に入っている車両を廃車処分するときには、自動車リサイクル券が必要になります。
これまでに説明した通り、自動車リサイクル法にのっとって手続きを行うことによってのみ、自動車を廃車にすることができます。

トラック買取の際に自動車リサイクル券が必要なケース

トラック買取に車両を出すことで処分しようとしている際にも、自動車リサイクル券が必要になるケースが存在します。
それは、買取業者が車両を買い取った後の対応で廃車にするケースです。

トラックの買取業者の場合、買い取った車両を国内外の別の場所に販売し直すケースと、廃車処分するケースの2通りがあり、販売し直すケースの場合は、自動車リサイクル券は不要なことがほとんどですが、廃車処分するケースの場合は、通常の解体業者や回収業者に依頼して廃車にするのと同じような手続きになります。
トラックの買取業者のホームページなどで、自動車リサイクル券が必要かどうかは確認することができますので、売却を検討している方はぜひ確認しておいてください。

今回は自動車リサイクル券について、成り立ちやトラック買取の際の扱いなどの観点からご紹介しました。
トラックなどの大きな買い物をするとき、自動車リサイクル料金も少なく無い金額が発生しますので、トラックを運用する方は自動車リサイクル券のことを知っておくと良いでしょう。

関連記事

  1. 3トントラックの買取査定依頼時のポイント!
  2. 猛暑突入!トラックを運転する上でも重要な熱中症対策
  3. 故障したトラックの買取は事前に修理すべき?
  4. UDトラックスのトラックを高額売却!
  5. 錆対策をしよう!
  6. 何トン車?トラックやダンプの「サイズ」ってどう決まっているの?
  7. リアダンプの処分に悩んだときに買取がおすすめな理由とは?
  8. Lゲートダンプを売ろう!

人気の記事

おすすめ記事

トラックオークションとは? トラックの買い替えや売却では、オプションパーツは付けておいた方が良いのか トラック買取業者が事故車でも買取りできる秘密はこれだ!

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

トラックのミカタTV

トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」
提携パートナー募集|トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

PAGE TOP
0