トラック買取のツボ

トラック買取業者を比較しよう!比較のポイントをご紹介!

トラックやダンプ、あるいは重機などを売却しようとしたときに、一番気になるポイントは「買取条件」ではないでしょうか。
しかし、車両の買取条件を知ろうとする場合、基本的には1度何かしらの査定をする必要があります。

そこで、おすすめの方法として一括査定や査定代行のサービスを使用することが挙げられます。
これらの方法によって、さまざまな買取業者からトラックを査定した結果の買い取り条件を手間なく知ることができ、比較検討することができます。
今回は、実際にどのようなところに注目して買取業者の車両の買取条件を比較するのかをご紹介しましょう。

買取金額

概算査定結果が提示された際に最も気になるポイントは、やはり買取金額ではないでしょうか。
最終的な買取金額は、概算査定額が提示された後でも変動することがよくありますので、できるだけ概算査定額と最終的な買取金額に差が出ないような買取業者を選ぶことが大切です。

そのため、概算査定ではある程度「○○万円~○○万円」となる旨を案内する傾向があります。
そして車両の状態を確認して最終的な査定金額を提示します。

このとき、プロの査定員が概算査定の時よりも詳しく両の状態を確認して査定の評価を行い、評価のプラスやマイナスに応じて概算査定で提示された金額からは変動していきます。
こうした情報をきちんと説明してくれるかどうかが、買取業者を見分けるポイントのひとつです。
より詳細に、「こんなポイントが減額になります」と伝えてもらえる買取業者を選ぶことによって、安心して現地査定以降の交渉を行うことができます。

逆に言えば「これって減額になるのではないか?」という不安があるのであれば、包み隠さず買取業者に聞いてみたり、一括査定や査定代行のサービスを利用する段階で気になる点をまとめておくことで、現地での査定を依頼する前の時点でより詳細な買取金額を知ることができるようになります。

手続き

概算査定後に買取業者を判断するためのポイントとしては、「手続き内容」があります。
トラックの売却をするのであれば、概算査定が終わった後少なくとも1回以上の現地査定を行い、具体的な買取査定が提示され、売却までの交渉を行います。
このとき、買取業者に「どのような手続きを行い、売却後の車両の処理をどうするのか」を確認しておくことで、不要なトラブルを回避することができます。

手数料

買取業者とのトラブルで最も多いのが、業者の出張費用や車両の輸送費用など、手数料に関わるトラブルです。
買取業者によって、現地査定をするときに費用が発生したり、事故車などの動かない車を移動させるためにレッカーを使用する際、費用が発生するなど手続きの流れが異なるので、事前に確認をしておかないと思わぬトラブルが発生してしまうことになります。

また、金額に納得がいかないのでキャンセルしようとすると、キャンセル料として料金の請求をされてしまうこともあります。
こうしたトラブルを避けるためにも、事前に手続きの確認を行っておくことは必須といえます。

現地査定や実際の買取を依頼するにあたり、買取に関してかかる手数料があるのかどうか、もしあるのであればどれくらいの金額になるのかを事前に確認しておきましょう。
優良な買取業者であれば、かかる料金について正確な情報がもらえるはずです。
※注意すべきなのは、「手数料無料の買取業者」が優良な業者だといっているのではなく、「嘘をついていない買取業者」こそが優良な買取業者だということです。
買取の手数料が無料であっても、逆に手数料がかかるところであっても、優良な買取業者は存在するので、確認すべきポイントは「嘘をついているかどうか」といえます。

名義変更

売却時の手続き内容として確認しておきたいポイントの中で、特に重要なのが「名義変更」です。
全ての自動車は処分する際に名義変更を行わなければ、たとえ車両を売却して別の人や法人が運転するようになったとしても、名義上の持ち主は自分のままです。

トラックなどの商用車の場合、買い取った車両は国内外の他の会社やオークションに販売されますので、自分が所有している車両を他の人が乗っている状態になってしまいます。
もし万が一その車両が事故やトラブルを起こしてしまった場合、所有者として責任の一部を取らなくてはなりません。
そのため、名義変更の手続きを買取業者側で行ってもらえるのかどうか、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

また、車体に社名やロゴなどを塗装してある車両を売却する場合には、売却後に車体の塗装の社名やロゴなどを消してもらえるかどうか確認しておいた方が良いです。
名義変更と同様、売却した車両が「社名やロゴの残ったままの状態で」他のところで事故を起こしてしまった場合、たとえ売却して名義変更を済ませ、既に車両の持ち主ではないにもかかわらず、事故の責任を負わなければならなくなってしまいます。

売却後に車体に塗装されている社名やロゴなどを消してもらい、塗装を全て取り除いた状態を、写真などの残るもので確認させてもらうように買取業者に相談しましょう。

こうした、手続きに関する情報をしっかりと公開している買取業者であれば、信頼して売却の交渉を進めることができるため、買取業者を比較する際にもおすすめな買取業者だといえるでしょう。

その他サービス

売却の際にさまざまなサービスをすることで、お客様満足度向上を目指している買取業者も存在します。

例えば、買取料金の支払いが即日現金払いに対応していたり、買い替えの際に新しく購入する車両との入れ替えをスムーズにできるように、新車が到着するまでの間、売却する方の車両を使えるように調整してくれたりします。
どのようなサービスがあるかは買取業者によって異なりますので、状況や目的に合わせて買取業者を選ぶようにしましょう。

いかがでしたか?
今回はトラックを売却しようとした際に行っておきたい「買取業者の比較」について特に気にしておきたいポイントをご紹介しました。
トラックのミカタでも記事において「高額売却のためにはトラックの買取業者を比較しましょう」と謳っていますが、どのような比較をすればよいのかという基準について、より詳しい情報を発信していくことによって、車両の売却をより効果的に、理想的な条件のもので行っていただけるのではないかと思っています。

ぜひ、トラック売却時にお役立てください。

関連記事

  1. 超高い汎用性!便利な三転ダンプ
  2. トラック買い替えなら今⁉「低燃費ディーゼルトラック…
  3. いまさら聞けない!中型トラックって何だろう?
  4. 【メリット】買取りvs下取り 買い替え時にお得なのはどっち?【デ…
  5. 道路を走行するなら知らないといけない信号機の役割と種類
  6. トラックにも寿命はある、買い替え年数の目安
  7. Lゲートダンプを売ろう!
  8. トラックドライバーにも深く関係!高齢者講習とは

人気の記事

おすすめ記事

ダブルキャブトラック高額買取!需要から分析して2つのコツを紹介! ココだけは押さえておきたいブルドーザー高額買取のための2つのポイント 8トントラックについて。運行のルールと中古車両の売却のポイント

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

トラックのミカタTV

トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」
提携パートナー募集|トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

PAGE TOP
1