トラック買取のツボ

岡山でトラックを売る時に考えておきたいポイントとは!?

岡山県は中国地方、四国地方と関西を結ぶ交通の要衝です。
瀬戸内海に面した水島港からは輸入や輸出といった貿易も活発に行われており、トラックや重機、建機といった車両の買取も盛んな県の1つといって良いでしょう。

そんな岡山県でトラックや重機を売る場合、よりスムーズに売却するためにいくつかのポイントがあります。
今回は、岡山県でトラックや重機を売却するために押さえておきたいポイントをご紹介します。

岡山でトラックを売却するなら海外に販路がある買取業者がおすすめ

国内でも有数の工業地帯である倉敷市の水島地区ではトラックや重機の輸入や輸出も盛んに行われています。
そうした背景から、海外への販路を持つ買取業者も多く、さまざまな車種の車両が取引されています。

実は、トラックや重機に関しては、海外で販売している買取業者の方が高額で買い取ってもらいやすい、という特徴があります。
海外では、日本製のトラックや重機は安定性の高さや整備の容易さから非常に人気があります。
その人気は中古車両になってもほとんど衰えず、比較的高額で販売されています。

そして販売額が大きくなれば、それに伴って買取の際の金額も大きくなります。
したがって、海外に販路を持っている買取業者との交渉は、比較的高額買取に繋がりやすいのです。

さらに、岡山では水島港からの輸入・輸出が可能であることから、自社で輸送船をチャーターして中間マージンをなくしている買取業者も存在し、より安心で高額な買取を実現させていると言えます。

そのため、岡山県内でトラックの買取業者を探す際には、海外に販路を持っている買取業者を選ぶことでより高額で売却することができるのです。

【買取業者の上手な探し方】

買取業者を探す際には、大きく二つの方法があります。
個別に調べて連絡を取る方法と一括査定でまとめて依頼する方法です。

それぞれ長所と短所を持ち合わせており、

個別に調べる方法は、それぞれの買取業者の特徴を調べてから査定の依頼を出すことができるため、査定依頼を出す前にある程度調査をして、信用のおける買取業者に依頼を出すことができるというメリットがあります。

逆に、毎回ゼロから買取業者を探し、売りたい車両が対応可能かどうかを調べなくてはならないため、相見積もりや比較が必要な場合は、取引業者を探し出すのに手間と時間を取られてしまう、というデメリットが存在あります。

一括査定の場合は、個別で査定依頼をする場合と異なり、一度の査定依頼で売りたい車両を買取可能な業者に対してまとめて依頼を出すことができるため、買取業者を探す手間が大幅に短縮できるというメリットがあります。

逆に、一括査定では一度に複数の買取業者に依頼を出すため、買取りを希望する業者が非常に多かった場合、各買取業者との対応に手間がとられてしまうというデメリットがあります。

これら2つの方法を、売りたい状況に合わせて使い分けていくのが主流でしたが、最近はもう1つの選択肢が現れました。

それが買取査定代行サービスです。

従来の一括査定サービスとは異なり、売りたい人が車両やエリアなどの希望条件を入力すると、希望条件に合わせた買取業者を探し、依頼者に代わって買取業者との交渉を行うサービスです。
このサービスは買取業者との交渉を代行サービスの担当者が行うため、一括査定のように「買取業者から直接の営業電話がかかってくる」ということがなく、希望の条件に近い業者を見つけ出してくれるため、個別に探す手間も、業者対応の時間も短縮できるというメリットがあります。

この買取査定代行サービスでのデメリットは、依頼の時に希望条件や車両情報を正確に入力しておかないと、結局確認のために査定代行サービスの担当者から連絡がやってきて手間がかかってしまう可能性があることです。
(ちなみに、一括査定サービスにもほぼ同様のデメリットがあるため、これら「外部のサービスに依頼する」という方法を利用する場合は、事前に車両の詳細情報を準備をしておくことがスムーズで高額な買取に結び付くコツです。)

査定依頼を行う前の準備について知りたい方はコチラ…トラック売却!その前に準備は出来ていますか?

岡山でトラックの買取を行う際の注意すべきポイント

岡山県は中四国と関西を結ぶ交通の要衝です。その岡山でトラックの買取を行う際には、1つ注意しなければならないことがあります。

それが、「NOx・PM法」という法律についてです。
NOx・PM法とは、窒素化合物と粒子状物質の排気量にかかる規制法のことで、設定されている基準値を超えた窒素化合物と粒子状物質が排気される場合、その車両は指定地域内では車検を受けることが出来ず、指定地域を拠点とすることができない、という法律です。

岡山県自体はその規制の対象地域ではないのですが、近隣の兵庫県と大阪府が指定地域にあたります。
さらにどちらの府県もNOx・PM法とともに「ディーゼル規制」を実施しており、兵庫県では基準値を超えた車両は走行すらできません。
そのため、販路が兵庫県や大阪府にある買取業者の場合、買取金額が減ってしまったり、最悪の場合は買取不可、となる可能性もあります。

対策としては、買取査定依頼を出す時に買取業者に対応可能かどうか確認を取ってみるのが一番確実な方法といえるでしょう。
一括査定や査定代行のサービスを利用するなら、事前に依頼をする段階で前情報として伝えておけば、対応可能な買取業者のみが手を挙げるので、より確実に売却を進めることが出来るようになります。

いかがでしたか?
今回は岡山県でトラックの売却をする場合のポイントをご紹介しました。
売却を行う買取業者の選び方と探し方にも新しい方法が現れてきました。
自身の一番実施しやすい方法で理想的な買取に繋がる買取業者を見つけ出しましょう。

トラック買取査定代行サービスへのお申込みはこちら!0120-946-652[受付時間]10:00~18:00(土日・祝祭日を除く)トラック買取査定代行サービスを申し込むお電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

関連記事

  1. 【オーバーホール】エンジン故障時の対応ってどんなのがあるの?【部…
  2. いろいろある!ボディサイズの話
  3. どこを見てるの?トラック買取の査定基準
  4. バキュームダンパーを売却する最も賢い方法
  5. トラックドライバー必見!「睡眠不足時の乗務」が法律で禁止に
  6. 何トン車?トラックやダンプの「サイズ」ってどう決まっているの?
  7. 錆対策をしよう!
  8. 2トンダンプ高額売却のためにたった2つだけ守るべきコツとは

人気の記事

おすすめ記事

増トン仕様とは?サイズと免許の関係に気を付けましょう! 意外と知らない「車台番号」の秘密 トラックが高速道路を利用するときの料金について さまざまな場所で大活躍!2トントラックの売却方法

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

トラックのミカタTV

トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」
提携パートナー募集|トラック買取査定のマッチングサービス「トラックのミカタ」

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

PAGE TOP
0