買取のツボ

【メリット】買取りvs下取り 買い替え時にお得なのはどっち?【デメリット】

買取業者による買取り、ディーラーでの下取り、トラックを買い替える時にどちらがいいのか?そう思ったことはありませんか?
ここでは、その理由から目的を明確にして、どちらがより適した選択肢なのかをご紹介していきましょう。

そもそも『買取り』と『下取り』の違いって?

『買取り』は「車両を買い取ること」であり、『下取り』は「新しい車両を購入するために、購入するところと同じ業者に今持っている車両を売却することで、購入費の一部にあてること」です。

意味合いの違いとしては『下取り』は次の車両を購入するためという目的に限定されているのに対し、『買取り』は売却目的は問わない、ということにあります。
そのため『下取り』は次の車両の購入のための手続き等に特化し、『買取り』は「買い取ること」に特化しているため、手続きのスムーズさや金額面などに差が生まれるのです。

それでは、順に下取り、買取りのメリット・デメリットをご紹介していきます。

『下取り』のメリット・デメリット

下取りは「次の車両の購入」という目的に特化しているため、メリット・デメリットもその部分によるものとなります。

メリット

車両の引継ぎがスムーズ
最も大きなメリットは今持っているトラックの売却から、次に手に入れるトラックの購入までの手続きが非常にスムーズかつ、柔軟な対応が可能となることです。
その理由は、下取りを行う業者と販売を行う業者が同じだからです。
下取りする車両を新車の引き渡しの時まで使うことが出来るため代車の用意が必要なく、手続きをしている間トラックが稼働していない空白期間を作らずにすむので、業務への影響が少なくなります。
売却から購入までの手続きのほとんどを代行してくれるところも多く、引継ぎのために手間や時間を取られることがない点もポイントです。

ディーラーによる新車購入後のアフターサポート
また、ディーラーにもよるのですが、購入したトラックのメンテナンスサービスや様々なアフターサポートが受けられることもあるので、ディーラーごとのサービスに魅力的なものがあるのならこうしたポイントも判断基準に入ります。

デメリット

価格は低い
基本的に『買取り』の価格と比較した場合、下取りの価格は低い場合がほとんどです。
その理由は、下取りはあくまで『次の車両の販売』を目的としているサービスであるために下取り後の車両から利益を得ることが少なくなりやすく、その結果、下取り価格を抑える傾向にあり、対して買取りは『車両の買取』そのものを目的としているため、買取り業者同士で価格競争を行っており、買取価格も上昇する傾向にあるためです。
更に言うなら、ディーラーの場合は、中古車よりも新車の販売を望むことが多く、仕入れとして見たときに中古車の下取りでは二束三文になってしまうこともあるため、結果として下取り価格が安くなってしまうことがあるようです。

下取りの総評

基本的には
「次に購入する車両を手間なく手に入れ、充実したサポートを期待する」
という目的の場合にお勧めの方法です。

『買取り』のメリット・デメリット

買取りはまさしく『車両を買い取る』ことに主眼を置いているため、「売却したい」お客様へのメリットに重点が置かれています。

メリット

値段が高い
買取りの最大のメリットといえば、やはり下取りに比べて買取金額の高さになります。
車両を買い取ることを目的としているため、基本的に高額になりやすいという特徴があります。また、買取業者の場合は、買い取った車両の販路の確保が安定的に行われている業者であればより高額になるケースが多いです。(例、海外輸出、オークション等)
特に海外への輸出を行っている業者は、売却先の海外での需要が高く売却価格が高いこともあり、買取金額も高くなる傾向があります。

対応車両の幅が広い
故障車や廃車にするしかない、といった車両でも海外輸出などの販路を持っている業者の場合、対応できることがあります。これは、海外の売却先には車両そのものはもとより、パーツ単位での需要が存在し、そうした需要に応えることのできる業者は故障部分以外のパーツに価値を見出して売却につなげるため、さまざまな状態の車両に合わせて買取を行うことができるからです。事故車や故障車など、買取可能か不安に感じている場合は、買取会社の対応力の高さは魅力的です。

買取りの総評

基本的に買取の方が下取りよりも金額が高く設定されているため
「とにかく高く車両を引き取ってほしい」
という目的の場合におすすめの方法です。

まとめ

「トラックの処分」という点に関しては買取り業者の方に分があり、「次の車両への引継ぎ」という点では下取りの業者の方が有利です。
売り主の目的を明確にして、最適な業者を見つけましょう。

関連記事

  1. 中古10トントラックって売れるの?
  2. 中古大型トラックの購入と売却について
  3. 【高く売る】トラックメンテナンスについて【長く乗る】
  4. ロングダンプってどんな車?いつまで乗れるの?お答えします!
  5. 知らないと危ない「NOx・PM法」について
  6. ロングダンプはこう売る!ベストなタイミングと売却の方法とは?
  7. 形状やタイプに注意!4トントラックの買取について
  8. ウイング車は売れる?高額買取への道

おすすめ記事

汎用トラッククレーン売却のコツ!

世の中にあるクレーンの中で、移動するクレーンの種類は「ホイールクレーン」と「トラッククレーン」の、大…

【準中型?】知っておきたい免許制度の話【5トン限定?】

平成29年3月、日本の免許制度に改定が加わりました。 普通免許と中型免許の間に「準中型免許」が追…

増トン仕様とは?サイズと免許の関係に気を付けましょう!

巷で活躍している6トントラックや8トントラック、実はこれらの車両は「増トン仕様」という分類で販売され…

ロングダンプはこう売る!ベストなタイミングと売却の方法とは?

ロングダンプってどんな車?いつまで乗れるの?お答えします!では、ロングダンプの特徴と寿命についてご紹…

いろいろある!ボディサイズの話

標準、ロング、ワイド、とトラックには様々な種類の「ボディサイズ」がありますが、これは具体的にどのよう…

お電話でもトラック買取査定代行サービスへのお申込みを受け付けております。 0120-946-652 [受付時間]10:00~18:00 (土日・祝祭日を除く) お電話でのお申し込みに際しては、お手元に「車検証」をご用意ください。

LINE@でトラック買取査定マッチング LINE@トラックのミカタ

トラックのミカタTV

PAGE TOP